新潟市へストリートビュー撮影 
9月中に撮り終えねばならなかった某店の撮影業務がようやく終わった。
この間長野に行ったり長岡に行ったりしてきたが、ラスト撮影は新潟市で。

新潟市には6年ほど住んでいたし、どこであろうとナビなしで行ける。
午前中の撮影は新潟駅前の、午後は万代地区のお店で。

万代はラブラ、ラブラ2、ビルボ、伊勢丹など商業施設の集積地だ。
FullSizeRender_(27)_convert_20161001230038.jpg

午前中は時間が押しててんやわんやな撮影だったが、午後は気持ちいいくらいの順調さで無事終了。いろいろあったが、終わりよければすべて良し、だ。

撮影後店を出ると、目の前にはラブラ2。ラブラ2といえばNGT48劇場が入っている。特にお互い誘いあうわけでもなく、次男坊もカメラマンも自然とその看板にカメラを向けてしまった…。
手には一眼と三脚持って背中にはリュック。この人たち、さぞかし熱烈なファンなんだろなと思ったろうよ。
FullSizeRender_(26)_convert_20161001230022.jpg

ちなみにこの間やっていた撮影業務は、Googleストリートビュー。街の様子を写してぐるぐる見られるやつをご存じだろうが、それの室内版てのがある。
その撮影サービスをやっているのだ。
https://www.joetsutj.com/service/streetview

興味のある企業様はぜひ!


 
 
長野市へプチ主張 
今日は大雨が降る中、撮影の仕事のため、長野市までプチ出張。

上越市から、高速と下道で1時間ちょい。
長野市へはこれまでプライベートでは何度も来ているが、仕事で来るのは今日が初めてで、なんだかすごく新鮮な感じ。

FullSizeRender_(18)_convert_20160920231505.jpg

駅ビルの「MIDORI」がすぐ近く.。久々に寄りたかったがそうもいかない。
IMG_2621_convert_20160920231453.jpg

長野市内にいたとき、緊急災害情報を知らせる「エリアメール」を受けた。
大雨による緊急災害情報だったが、県外でこれを受けるのは初めて。
出かけ先でもちゃんと鳴ることに感心したが、これが鳴ると身構えもする。
いや、大事なこと。


 
 
アパ上越妙高の客室リニューアルお披露目会 
アパリゾート上越妙高のホテル新館(アネックス)などの客室リニューアルが完了し、先日、社長さんの記者会見とお披露目会に行ってきた。

泊まったことはないが、やはり一度は客室を覗いてみたくなる。
内装や家具、寝具、カーペットなどを一新されたとのこと。以前との比較はできないが、リゾートホテルらしく高級感ある雰囲気になっているのではなかろうか。
この日は雨模様でガスってもおり、外の景色がほとんど見えなかったのが惜しい。これが晴天だったら客室から雄大な妙高山が一望!だったはず。返す返す惜しい…。
IMG_1509_convert_20160430232500.jpg

ホテル本館の最上階の角部屋に、1室だけスペシャルスイートルームがあることや、あと和室があることを初めて知った。
スイートは入ってビックリ!寝室にリビングに、あと何やら何やら…約30㎡あるのでなかなか広い。
いくらすんのか知らないが、まず泊まれないだろうから貴重だ。
IMG_1517_convert_20160501003138.jpg

内覧会の後は、食事試食会も。
今年はメニューや什器も一新したそうで、この日は和洋中バイキングで。
本当に多彩な料理が並び、ローストビーフは目の前で切ってくれるし、寿司も握りたてで出してくれた。
すべて一通り食べたくなるが、こういう場ではアホみたいにがっつくのもどうかと思うので、お上品に一回りだけ。寿司だけはこっそりお代わりしたけど。
IMG_1532_convert_20160430232530.jpg

デザートだってたっぷり。
女子たちに交じってごっそりいただいた。
IMG_1531_convert_20160430232515.jpg

この日はフリーテーブル。一緒の席になった方々と名刺交換したり様々な情報交換をしたりと、いい時間を過ごせた。
7月1日からはイルミネーションも始まる。去年は仕事含め5回くらい行ったっけ。さて今年は何回行くか。


 
 
レトロ感たっぷりの町家料理店「雀」で新年会 
年が明けてはや2か月が経ったところで、先週末会社の新年会があった。
会場は、上越市仲町4の町家商業施設「伍郎八館内」の「 雀(すずめ)」。
築90年の、高い吹き抜けとぶっとい梁が印象的な趣深いレトロな店である。

店の入り口はこんな感じ
IMG_0469+(2)_convert_20160214234125.jpg

1階はテーブル席で、2階は10人くらいが入れる座敷になっている。
座敷の障子戸は開きが悪く隙間もあるが、それもまたいい味だ。
2階のトイレは一瞬、カーテンがあるだけで、もしかして戸がない?と
思わせる造りだったが、よく見れば戸を発見できるから安心て良い。

料理は刺身、焼き物、揚げ物、押し寿司など7品くらいのコースで、
3,000円(飲み物別)というお手頃価格。

鶏肉の塩麹なんちゃらかんちゃらが特においしかった。
IMG_0471+(2)_convert_20160214234140.jpg

飲み物はいろいろあったようだが、水だと言われて少し飲んだ酒が
次男坊にとってはなかなか強烈で、頭の中がぐるぐるぐるぐる…。
あ~空間が回ってるぅ~…


この日は翌早朝に所用があったので、一次会でおいとま。
いつもは頭がガンガンしながらのイテテイテテの帰り道なのだが、
この日はあまりそれもなく、適度に冷たい夜風が気持ちよかった。


 
 
節分ですね 
今日2月3日は節分。
我が社内でも毎年恒例の豆まきが行われた。

毎回問題になるのは誰が鬼をやるか…である。
次男坊が在職して10年間、鬼役は3人しかやっておらず、
謙信公祭のGACKTさんの謙信役ばりのなかなかの頻度だ。
次男坊も、好評だった?昨年のを含め、2~3回はやっていると思う。

で、鬼抽選の結果、今年はお役が回ってこず。
なんやかんや、今年はこんな鬼でいこうかとか密かにイメトレしてたんだが。

見事引き当てた、今年の鬼さん。
本人はきっとわかったと思うけど、いいトシして「ウォー」とかそれっぽい
演技するの、けっこう恥ずかしいのよ。
同僚に昨年の次男坊鬼を動画で撮られていたが、かなりの恥部だ。

豆まきは、ものの5分。
一年に一回、しかもわずか5分の風習だったが、
その風習を毎年大事にし続けるのは、なんやかんや素晴らしいことじゃなかろうか。