飯塚君、DeNAと仮契約! 
今日、上越市出身で日本文理高校の飯塚君が横浜DeNAと仮契約した。
これで正式に契約すれば、晴れて上越市出身で初のプロ野球選手となる。

写真_convert_20141105234151

ドラフト1位クラスが契約金1億円、年俸1,200万円とかが多いので、
契約金2,000万円、年俸500万円というのは、まぁドラフト7位指名だから
このくらいかなとは思う。しかし、背番号が30ということにちょっと驚いた。

プロは一流選手になるとひとケタとか10番20番台を背負うことが多く、
普通高卒で下位指名だと、背番号は50番、60番台が多い。それが
30という比較的若い番号を用意されたということに球団の期待を感じる。
ちょっとこれは楽しみになってきたぜ。


 
 
野球チームの納会 
11/1(土)に、所属ナイター野球チームの納会があった。
この日をもって一旦今年のチームの活動は終了する。

会場はチームのスポンサーでもある、富寿しさんの南本町店。
富寿し_convert_20141103232955

登録は26人もいるのに、今回は出席者8人というなんとも寂しい人数。
料理は寿司とオードブルで、ドリンクは飲み放題。うわばみ(大蛇のことで
大酒飲みの意)みたいに酒飲み男ばかりなので、飲み放題は重要だ。
そこに不参加者から日本酒の一升瓶も差し入れされちゃったりしたのだが、
30分後には空になって部屋の隅に転がっているという…
寿し_convert_20141103232932

オードブル_convert_20141103232917

番頭として2年間会計を預かり、今年で任期終了でお役御免になると
思って収支チェックから引き継ぎの段取りまで、かなり細かくやってきた
のだが、この日なんと来期の役員が決まらねぇというまさかの事態。
チーム方針についていろいろ意見があって、なかなか見通しがつかない。
なんか来年も番頭やることになっちゃうんじゃないのと、やや気が重い。


 
 
野球は筋書きのないドラマだった 
夢はかなわなかった。

夏の甲子園出場をかけた高校野球新潟県予選の決勝戦、
日本文理-関根学園は、日本文理が4-2で逆転サヨナラ勝ち。
地元上越市の関根学園、悲願の甲子園初出場はならなかった。

写真+(31)_convert_20140727231229

文理の飯塚君-鎌倉君バッテリーは上越出身だし、関根も上越だしで、
正直どっちも気にして見ていたから、結果の一喜一憂は何ともだが…。

野球は筋書きのないドラマとよく言うが、しかし勝負というのは、時に
なんてむごいものなのか。
甲子園まであとアウト2つというところでの逆転ホームラン。

決勝を見ていて、点を取られた後の3回から文理の飯塚君も本気に
なったというか、ギアが1段上がってからは、投打にやっぱり力の差は
感じたけど、それでも関根はこれまでの勢いと全力プレーで対抗して、
流れが文理にいきかけても押し戻していた。

最後は文理の底力にやられたけど、全くの無名校がノーシードで勝ち
上がっていって、大横綱を土俵際まで追い込んだんだからね。

ドラマチックな終わりと観客からの両チームへの大拍手に、家でテレビを
見ているだけなのにゾクゾク鳥肌が立って感動して、涙が出た(苦笑)

飯塚君鎌倉君も、自分の地元チームがここまで見せてくれて誇らし
かったんじゃないかな。それを倒せた自チームもまた頼もしくて。
関根と名勝負を演じたことで、より上越市民の熱い期待を背負った。
きっと甲子園で大活躍してくれることだろう。


 
 
まさかまさかの勝利! 
「勝っちゃった…」

それが正直な感想である。
今日行われた高校野球夏の甲子園の新潟県予選準決勝で、上越市の
関根学園高校が優勝候補の一角、新潟明訓高校相手に見事勝利した。

写真+(30)_convert_20140726233742

ほとんどの人は明訓が勝つと予想したろうし、関根応援の次男坊すらそうだ。
たぶん明訓の選手もそう思っていたと思う。関根が狙うとすればその隙か。
でも初めて関根のピッチャーを見て、けっこういいタマ投げていたし、
もしかしたら接戦にはなるかもとは思ったが、まさか勝っちゃうとはね。

投手は明訓打線を4安打に抑え、打線は明訓の2枚看板を打って10安打。
完勝だと思う。本当に大したもの。
実力差はあったとしても、高校生同士の一発勝負のトーナメントだもん、
油断、勢いで何が起こるかわからん。

明日の決勝の相手は、大本命横綱的存在の日本文理高校。
学校は新潟市だが、バッテリーの飯塚君と鎌倉君は上越市の出身である。
ある意味上越対決だ。見逃せない。

関根が優勝すれば、上越勢として1990年の高田工(現上越総合技術高校)
以来の24年ぶりの甲子園出場だとか。
飯塚鎌倉コンビと関根学園、どっちも気になる~!


 
 
嵐の中で今季初試合 
所属野球チームもついに開幕。
先週木曜は今シーズンの初試合であった。

場所は、リーグで使っているところで一番遠い頸城球場。
午後7時過ぎにはなんとか会社を抜け出して、それから一旦帰宅。
ユニフォームを着るのと食事を同時にして、それから頸城まで行く。
そんな感じだからいっつもウォーミングアップに間に合わず、軽い
キャッチボールだけして試合に臨んでいる。守備位置に向かうまでの
短いダッシュがランニングの代わりだ。

関町_convert_20140512233230

シーズン初試合はやっぱり目が慣れてなくて、いろいろ苦労する。
バッティングはタイミングがイマイチ合わないし、守備は目測がズレる。

この日はまた途中から天気が大荒れになって、しまいにゃ暴風雨に。
雨は横殴りで吹き付けてくるし、グラウンドも巻くような強風で砂埃が
舞い上がって、思わずここはアメリカ・テキサスかと思ったぜ…。

そんな中でもチームは勝ったし、自分もヒットが出たから良しとせねば。
これから1年、若手はプレーで汗と泥にまみれ、老将は秋の納会に向け
自宅でゆっくり体調を整えていくのだ。


【きょうのひとこと】
不調極まりなかった会社の自分のパソコンを、ついに初期化した。
USBに必要なデータを移して準備万端でやったはずなのに、営業
帰りの車中で、クライアントのところで撮った写真一式だけ移し忘れた
ことに気づき、もう大ショック。しょうもない次男坊ブログの写真だけは
しっかり移してあったというのに…