忙しさのしあわせ 
忙しすぎる。
明らかに忙しすぎる。

やることが多すぎて最近あまり外回りに出ていない。
顧客フォローも最低限のことしかできなくて不安だ。

今日は昼食を買いに行く時間もなく、カップヌードルライト
ダイエットを日々遂行のためカップヌードルを大量ストック
している同僚の(I)氏から一つ譲ってもらおうと思ったが、
本人不在で、しかも見たら一つしか残っていなかったため、
ここで食べちゃマズイだろうと思い、やめておいた。

本人帰ってきて「なくなってるぅ!!」ってなるのは
カップ麺盗難事件捜査本部立ちそうでイヤだし、
わざわざ電話して「カップラーメン くれ。」っていうのもなんだし。

結局いつも通りのファミリーレストラン・ピーターパンへ行って、
いつも通りの「いつもの! 大至急!!」を注文し、いつも通り
そそくさと済ませ、打ち合わせに向かった。


忙しいのは大変だが、顧客は私を信用して注文してくれるわけだからね。
忙しいのは幸せなことなのかもしれない。
それならば私は、どんどん忙しくなろう。