川渡餅で厄除け 
川渡餅(かわたりもち)を買ってきた。

川渡餅は上越に昔から伝わる餅菓子で、縁起物として知られる。
11月30日~12月1日にかけて食べると厄除けになるとして、
市内和菓子店でこの2日間だけ販売される。

水難除けとかいろいろ伝承はあるみたいだが、
一説には、戦国時代に上杉謙信公が武田信玄との川中島の合戦で、
川を渡る前に兵たちに餅をふるまい士気を高めたというのがあり、
上越ではそれにちなんで食べる風習になったようだ。

餅をあんでくるんだ、いわゆるあんころ餅。
いたってシンプルな菓子だが、すごくおいしいから次男坊も大好きだ。
6個買ってきたのに、すっかり写真を撮るのを忘れてしまい、
最後の1個だけをパシャリ。

学校給食にも出ていたし、懐かしく思う人も多いのでは。
かわたりもち縮小