スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
「上越の湯」の看板犬 
「上越の湯」に看板犬がいたことを初めて知った。

犬バカなのにこれまで知らなかったとは、痛恨の極み。

今日、車からふと見ると、金網越しにデカい犬がいるではないか!
脇に木の札が掛かっており、どうやら「湯~太郎」というらしい。
上越の湯だけに。
散歩?でお出かけするときは、「湯~太郎は出張中」の札がかかるようだ。
DSC_4067_convert_20130130172204.jpg

犬と戯れ始めた常連客に聞いてみると、秋田犬で、まだ子どもらしい。
上越の湯の前オーナーが飼っていたもので、オーナーが変わった今も
継続して飼われているとのこと。

見ればちゃんとした犬小屋もあるし、毛も手入れされている。
体長1メートルほどもあり、ナリはデカいが、人なつっこい。
金網から指を差し出すと、ペロペロなめたり体を横付けして、
「腹なでてくれろー」みたいなポーズを取る。
時々、びよんと立ち上がって人の顔と向かい合う形になる。
帰ろうとすると、ワンワン!(おい、まだ帰んなよ!)と吠える。

なかなか素直でかわいいヤツ。
上越の湯正面入口左側、ウッディー調の邸宅(犬小屋)にお住まいだ。


スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。