セールスポイントを考える 
上越市下門前で建設工事が進むスターバックス上越店。

オープンは5月下旬だそうで、先日からスタッフの求人も始まった。
当初は3月末ごろ?という話だったから、2か月くらい遅れるかね。

店舗は2階建てで、現在はせっせと骨を組み組みしている。
スタバ工事_convert_20140228201634

スタバの北側には三越伊勢丹の小型店舗が建設中で、3月22日オープン。
ほんとこの辺りは住宅が増え、店が増え、どんどん景色が変わっていく。
スタバはあの用語はわけわからんけど、楽しい気分になるし好きだ。
三越も新潟のはちょいとボロいけど、百貨店らしい重厚感、雰囲気がある。

大手も大手の良さがあるが、その土地らしさを決めるのは地元店であり、
初めて来た人なら、そこにしかないものに触れてこそ印象に残るってもの。

よくお店の取材に行くが、お店の一番のセールスポイントを最初に聞く。
すぐ答えられる店もあれば、「いいとこねぇ、うーん…」と悩む人もいる。

1つでいいから、ウチの店はコレだ!って自信を持って言えるもの。

それを聞けたときは、記事や広告でそこを一生懸命読者に伝える。
どこでもあるものではなく、ここにはこれがあるよというのを伝える。
自分が読者だったら…利用する側だったら…を考え、そして結果を出す。
そこが自分のセールスポイントだ。


【きょうのひとこと】
そうは言っても、たまに見込み違いもある。