スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
忘れませんから 
年末だが、もいくつ寝るとお正月♪的な気分はまったくない。
取引先との打ち合わせ、記事書き、年賀状、挨拶回り…忙しすぎて
まったく着手していないものもある。

ここ数日はそんな状況なのだが、そのさなかでもう10年以上もお付き合い
いただいていた次男坊担当の取引先のオーナーが急逝された。
まだ59歳で、信じられぬ思いで一昨日と昨日、通夜と葬儀に参列してきた。

打ち合わせに行って、手が空けばこちらの話の輪に加われていろいろ
話したりしていたのを思い出すが、少なくとも数週間前は元気そうだった。

人間、まったく何が起こるかわからない。
50代という若さでの旅立ちだったが、棺の中の穏やかだが白い顔を見て、
あぁこれは現実なんだと。

お経をあげに来られたお寺のお坊さんが、こんな話をしていた。
「人間は2回死ぬ。1回はいわゆる寿命が尽きた時、もう1回は記憶から
忘れられた時」。なるほど。

亡くなられてしまえば何もしてあげられないが、どんな人だったか、どんな思い出があったか、それを覚えておくことはできる。それが亡きその人とつながっているということだ。

亡きオーナーさんは鼻の下に立派なヒゲをたくわえていた。だから次男坊もヒゲをそらずに参列した。
まだまだ似合わない!と言われちゃうかな。


スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。