スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
上越妙高駅に「武将隊」懸垂幕 
上越妙高駅の東口もてなしドームに新しい懸垂幕が登場した。
来年のNHK大河ドラマ「真田丸」放映に合わせたものなのか、
(おもてなし武将隊の)上杉謙信や真田幸村が映っている。

IMG_0192_convert_20151230143239.jpg

インパクトがあって、なかなかカッコイイ。
越後上越上杉おもてなし武将隊の上杉謙信と景勝、直江兼続、
そして信州上田おもてなし武将隊の真田幸村の計4人が、
大股開き…いや堂々とした姿でポーズを決めている。

幸村が幼少の頃に、真田家から人質として春日山城に
来ていると言われており、そのつながりってことだと思う。

懸垂幕には「義の心で繋ぐ絆」と大書きされているが、幸村が
人質に来たのは謙信の死後、景勝時代のこと。
春日山では幸村を人質でなく客として優遇したといい、幸村も
上杉家の義の精神に感じるものがあったのかもしれない。
徳川家が圧倒的に有利なのを知りつつ、最後まで豊臣家に
忠誠を尽くすわけだから。


ちなみに幸村役はTVドラマ「半沢直樹」で主人公役の堺雅人さん。
果たして攻めてきた徳川軍に「倍返しだ!」をぶちかませるのか。


スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。