スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ハイテク店 「富寿し極みや」で寿司を食べてきた。 
廻鮮富寿し上越中央店がリニューアルし、「廻鮮富寿し極みや」として生まれ変わった。現在プレオープン中で、12/1にグランドオープンなのだが、本格開店の前に食べに行ってきた。

FullSizeRender_(55)_convert_20161127223947.jpg

店内はカウンター席のほか、ボックス席、小上がり席がある。次男坊家が座ったのはボックス席で、仕切りが付いているので他の席からは見えにくい造り。せいぜい通路を挟んだ隣席くらいだ。また6~8人掛けなので、2~3人で行くとかなりゆったり座れるぞ。

メニューを見て、決めたら注文はテーブルにあるタブレットから。
会計などもここからやる(支払いはレジ)が、タブレットに慣れていない高齢者や小さな字が読めない人は少し苦労するかもしれない。でもスタッフもここから呼べるようになっているから、分からなくなったら迷わず呼ぶべし。

FullSizeRender_(58)_convert_20161127224106.jpg

日替わりランチ(880円)と、その他単品を何皿か注文。
新店の特徴は、料理が2段レーンに載って席までやってくること。

握りは上段のレーンから。音声案内後、横でピタッと止まってくれる。
FullSizeRender_(57)_convert_20161127224036.jpg

御膳・日替わりランチなどは下段のレーンで。
レーンからテーブルまで運んでくれるが、それを見て喜んでいてはダメだ。
次男坊はウッキャッキャして写真を撮っていたら、後続ランチがやってきてレーン付近が大渋滞してしまった。「ちょっ、ちょっと待ってくれ!」と思っても、機械は待っちゃくれないぞ。流れてきたら、すぐに自分の席に置くことが大切だ。
FullSizeRender_(59)_convert_20161127224125.jpg

これが日替わりランチ(880円)だ!
寿司7貫に、魚の西京焼き、みそ汁、茶わん蒸し、サラダが付く。
FullSizeRender_(56)_convert_20161127224019.jpg

さすがの安定のおいしさ。
上越市内にもいろいろな回転寿司ができたが、やはり違う。
ヨメは「のどぐろのあぶり」を食べていたが、絶品とうなっていた。
高いから1貫だけにして、次男坊はじっとガマンしたけどさー。

いろいろかなりハイテク化されていて、びっくり。
でも、回転寿司もそういう時代に入って来たってことなのか。
たっぷり堪能できたし、ぜひまた行きたい。


スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。