期待のルーキーがやって来た 
次男坊家に、期待のルーキーがやって来た。
ルーキーっつったって別に人じゃないぞ、新しい掃除機のことだ。

これまで掃除機のない生活を送ってきたわけじゃない。
壊れたの。

異音がするとか吸い込みが悪いとか、あからさまな不調があればまだわかるが、先日掃除中、豪快に「ブイーン!」だったのに、一度止めて次にスイッチ押したら「シーン…」。
さっきの元気、どうしましたー?って。

動かないのを意識しないで、ごく自然に振る舞いながらさりげなくスイッチ押したら案外動くかも?と意味不明な期待をもってスイッチを押してみたが、やはり「シーン…」。
まぁ、そりゃーそーだわな。

もう10年以上使っていたし、それがウンも言わなけりゃスンともしなくなったわけだから、引退を決意。ホースをそっと置く…いや買い替えることにした。

そしてやって来たのがこの中型ルーキー。
日立のサイクロン式掃除機君だ。小さくもないがデカくもない。中型。
これまで紙パック式だったから、サイクロン式は何だか新鮮に映る。

FullSizeRender_(69)_convert_20170207225054.jpg

試しで動かしてみたが、ランプが付いたりと、どこかハイテク感がある。
フル稼働させてすぐに傷つけるのが嫌で、今はまだウォームアップ程度。
本格デビューは今週末だ。

今回購入した先は、甲高い声が特徴の社長(現・会長)がテレビによく出ていた、アノ通販会社。
引退した掃除機は20,000円で下取り(値引き?)だったので、結果的に安く買えたと思う。
びっくりしたのは注文から届くまでの早さ。ポチッとした翌日だった。