スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
墓参りで妙高へ 
明日が天気が怪しいかもということで、墓参りに行って来た。
オフクロ方の実家の墓が妙高市(旧妙高村)の山中にあるので、
雨に降られるとやや行きづらいのだ。

大鹿縮小

ここにはウチのおばさんがいて、夏は畑でトマト、キュウリ、
ナス、カボチャ、冬瓜、トウモロコシ、スイカなどを育てている。
いつも気にかけてくれて、行くと毎回野菜をタンマリくれるので
非常に助かっているのだが、冬瓜など、普段あまり積極的に
食べないものだと「うっ…」と若干ためらいが生じる。

今日は何が回ってくるかドキドキしたが、結果はトマトとキュウリ。

(失礼ながら)セーフ!

キュウリは「え?コッペパン?」と見まがうほどデカイが、
トマトと併せ毎日のように食べるからすごくありがたい。


しかし、このあたりは土が良いせいなのか、育つものがいちいちデカイ。
おばさんちのヒマワリも、3メートルくらいあるのっぽさんだ。

ひまわり縮小


墓参り後は妙高高原をドライブがてら周遊。
高原は白樺が良く似合う。
しらかば縮小

子供の頃何度か泊まった赤倉の「妙高園」。
今や見る影なくひっそり…。
今はNSGグループの傘下にあるようだ。
妙高園縮小

妙高高原はリゾート全盛時と比べずいぶんと寂れたが、
お盆時だからか、ホテルや旅館はで県外ナンバー車がズラリ。
陸上など大学生の合宿もけっこうあるようで、思った以上に
というか、意外とにぎわっていた。

ここは尾崎紅葉や岡倉天心ら多くの文人が愛した場所。
乱開発されることなく、衰退することなく、彼らが悲しむことのないよう。


 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://shukubutyou.blog38.fc2.com/tb.php/408-fb9f5301
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。